主な調査

1.各種調査 |  2.訪問看護ステーションに関連する調査 |  3.ヘルスケア調査研究



1.各種調査

医療施設における各種調査と情報システムの構築および支援

診療圏調査

診療圏における調査(電話調査・訪問面接調査など)データと、既存公開データ等の分析に基づき、診療科別の患者潜在需要を測定し、現状との乖離レベルとその原因を明らかにします。

利用者調査

入院・外来利用者の病院に対する評価・印象の計量的把握、他のモデル病院等との比較・分析等を通じ、病院機能の改善・再構築策、診療・看護体制における改善策、ホスピタリティのグレードアップ方策などを提言します。

看護業務タイムスタディ

看護業務内容の体系的分類、各業務項目の時間量の把握のうえ、他病院との比較・分析を通じ、業務改善のポイント・留意点を抽出します。

医事業務改善計画調査

医療現場領域、情報伝達と受診の領域、医事課領域等、部門ごとに問題点を分析・抽出します。



2.訪問看護ステーションに関連する調査

訪問看護

訪問看護ステーションにおけるサービス向上の支援



利用者満足度調査
  1. 調査目的 
    利用者からの評価を把握し、訪問看護サービスの質向上と利用者の満足度向上に資する

  2. 調査内容 
    訪問看護の信頼性、説明性、利便性、総合評価に関する項目14項目について把握
    調査票(標準版)(292KB)※パスワードが必要です。

  3. 調査対象 
    調査開始時点の、各ステーション利用者 ※認知症や視覚障害等があって記入・回答できない場合は回答対象外

  4. 調査方法
    実施の流れ(392KB)
    質問紙による自記入式 ・ 看護師が調査票を配付し利用者が回答後、厳封した回収票を回収(利用者が回答できない場合は家族が回答)

  5. 実査期間
    2週間程度

  6. 解析内容
    解析見本(※準備中)
    • 訪問看護サービス評価(まとめ) 全体との評価比較(レーダーチャート)
      全体との評価比較(ヒストグラム)
      前回との評価比較(レーダーチャート)
    • 訪問看護サービス評価(個別項目評価)
      信頼性評価・説明性評価・利便性評価・総合評価
    • 今後、充実してほしいサービス

  7. お見積もり・お問い合わせ
    仮申込書(18KB)を印刷して項目に記入し、ファックスまたはメールで送信してください。 後ほど、見積をお送りいたします。

  8. 概算見積 シミュレーション
    下のフォームに“人数”や“施設数”などを入力し、「計算する」をクリックしてください。

    ※基本料金で提供されるサービスには以下が含まれます。
    ※対象人数が100名様以上の場合はお値引いたします。お問い合わせください。

    1. 実査と実査の材料 … 1式
      調査票、調査依頼用鑑文、調査票回収用封筒の提供(すべて人数分ご用意)
    2. データ入力・集計 … 1式
    3. 報告書 … 1部
利用者満足調査 概算見積シミュレーション
1 基本料金 @30,000 一律
2 人数(従量料金A) @650 ← 入力
3 施設数(従量料金B) @10,000 施設 ← 入力
OP 弊社回収(個別郵送費) @100 オプション(人数分)
OP 報告書の追加(2部目~) @1,000 オプション
OP 報告書データ(PDF)の提供 @2,000 オプション
OP ローデータ(エクセル)の提供 @2,000 オプション
OP 報告会(2時間程度 Q&Aタイム含む)
@28,000 オプション
∟ 会場までの交通費 (実費)

JavaScript非対応のブラウザでは動作しません。

  1. 関連情報
    「訪問看護の基盤強化に関する調査研究事業(637KB)※」によれば、 質管理の項目として「利用者満足度調査」を実施している事業所 は全体の37.8%と半数に満たない状況ですが、実施率の高い事業所 の属性をみると、複数のステーションを有する大きい事業所のほか、 連携先が多く、地域で広く活動している事業所など、社会や地域に 与える影響の大きさや役割を意識し、マーケティングを重視する 姿勢を反映した結果とみられます。
    ※平成24年度厚生労働省老人保健健康増進等事業「訪問看護の基盤強化に関する調査研究事業(研究代表者:日本赤十字看護 大学 福井小紀子)」


訪問看護師の職務満足度調査

上記、訪問看護ステーション向け調査サービスのご案内をご覧ください。

訪問看護の「質」に関する調査

上記、訪問看護ステーション向け調査サービスのご案内をご覧ください。




3.ヘルスケア調査研究

ヘルスケア(医療関連分野、保健・福祉分野)領域における調査研究

主な調査研究領域

医 療
医療行政動向、地域医療計画、病院基本構想・計画
医薬品(医療用医薬品および一般医薬品)、 医療施設・病院動向、 ホームヘルスケア、医療関連サービス
ME機器(MRI、X線CT、輸液ポンプ、血液検査装置等)、
臨床検査(試薬、真空採血管等市場)、
人工臓器(人工心肺、ダイアライザー、人工関節等)
ディスポ診療材料―注射器、カテーテル、採血管、被覆材等
保健・福祉
老人保健、福祉計画、高齢者諸問題
健康政策、一次・二次予防関連


政策提言

実態調査等に基づき、現状の問題点を抽出するとともに、その解決策、システム策定、政策提言を行います。

事業化計画、商品化計画および販売プロモーションの企画立案・提言

実証的分析を踏まえ、市場性、商品・システムの構成、仕様上の留意点、価格体系等を明らかにするとともに、併せて販売予測とその達成案なども提言します。


contactお問い合わせ

(株)医療産業研究所 調査事業部 
TEL: 03-5351-3511 ・ FAX: 03-5351-3513
Email: info@hmijp.com

 

  • MMS商品
  • myMMS会員サイト
ページのトップへ戻る